武部宏ブログ

武部宏の日曜トーク

遅くなりました。武部宏の日曜トークのご報告です。5月12日それは爽やかな朝でした。母の日です。私の母は明治39年の生まれでした。父は42歳の1月元旦に亡くなりましたので後は母が頑張って育ててくれました。懐かしさと共に感謝の思い一入です。朝一ゲストには5月25日に京都コンサートホールで開催されるブランデンブルク国立管弦楽団でピアノを弾かれる吉田順子さんに呼びかけていただきました。生演奏ならではの感動を味わって下さい。平安女学院のコーナーは中学高校校長今井千和世さんに新年度の方針を語っていただきました。平安女学院がどんな女性に育てようとしておられるのかよく解りました。安藤秀夫さんと富士子さんの息の合ったお話の後はハンナリーズの安田良平さんと金島由香さん。上中康司さんは平成から令和になって課題は何か、解りやすいお話でした。この番組でもご案内して来た江藤ゆう子さんのコンサートが11日土曜日、高台寺の利生堂で開催されました。利生堂には大きな涅槃像が描かれていて素晴らしい雰囲気の中で感動のコンサートでした。

武部宏の日曜トーク

5月5日の日曜トークのご報告です。今朝は令和になって最初の日曜トーク、数えて1153回目の日曜トークです。よろしくお願いします。今日は子供の日です。子供の数は1533万人、38年連続減少が続いています。私の思いを語らせていただきました。平安女学院のコーナーは中学高校のブラスバンド部の代表3人が日頃の練習の楽しいことと、夏のコンクールに向けて意気込みを聞かせてくれました。昨日ハンナリーズのフアン感謝デーでした。とても楽しい会でした。ハンナリーズの安田良平さんにお話いただきました。チャレンジの金島由香さんはヘアカットも出来ます。吉田元比古さん五月の英語単語のあれこれでした。今朝は録音が多くてスタジオ写真は安田さんと吉田さんに武部宏と小森弥生です。

武部宏の日曜トーク

4月28日、平成最後の日曜トークのご報告です。冬に逆戻りしたような寒い朝です。10連休が始まっています。朝一ゲストにはタンゴアストロリコのバイオリニスト麻場利華さんと歌手の江藤ゆう子さんに5月3日のコンサートの紹介をしていただきました。ダンスも加わり楽しいコンサートになります。よろしくお願いします。平安女学院のコーナーは中学高校コーラス部の活動報告をされました。もう一つの家族のように楽しいサークルだそうです。金島由香のゴーゴーハンナリーズはこの1年を振り返っての報告をしていただきました。後半のゲストには近江屋ロープ株式会社の野々内達雄さんがよくお話される高橋佳子著 最高の人生のつくり方 について野々内さんにお話いただきました。私も拝読し感動しました。来週は新しい時代です,よろしくお願いします。

武部宏の日曜トーク

4月第3週の日曜トークのご報告です。平成時代があと10日となりました。第3週のパートナーが今日から田中真由美です。20年ぶりの再登板です。よろししくお願いします。平安女学院のコーナーは理事長、大学学長の山岡景一郎さんが 新紙幣の発行は偽造防止か?と問いかけられました。言われてみると頷くことばかりでした。森さんのお漬物は ひの菜のぬか漬けです。写真を見て下さい。ハンナリーズはチャンピオンシップに出られる可能性がある、と言う嬉しい報告でした。後半のゲストには渡文社長の渡邉隆夫さんが府会議員選挙に出られなくなったわけを話されました。驚きのレポートでした。来月も楽しみです。

武部宏の日曜トーク

4月14日の日曜トークのご報告です。平成最後の月も半分過ぎました。桜はまだ満開です。朝一ゲストには、5月25日土曜日の午後2時、京都コンサートホールで開催する ブランデンブルク国立管弦楽団フランクフルト京都初演でチャイコフスキーのピアノコンチェルトを弾かれる吉田順子さんにお話いただきました。その中に、当日の指揮者 浮ケ谷孝夫さんにドイツの御自宅から電話でお話いただき多いに盛り上がりました。平安女学院は、国際観光学部学部長の毛利憲一さんが新学期の取り組みを紹介されました。安藤不動産のコーナーは安藤秀夫さんのご紹介で 防衛省自衛隊 京都地方協力本部 本部長 1等陸佐 亀井律子さんにご出演いただきました。楽しくて、流石、いいお話を沢山いただきました。ゴーゴーハンナリーズは金島由香の担当。後半ゲストの上中康司さんはバングラデシュの最新情報でした。来週もよろしくお願いします。

武部宏の日曜トーク

4月第1週平成最後の月です。桜も満開です。先週5日金曜日の朝嵐山に行きました。車で行ったのですが渡月橋が近づくあたりから人と車が溢れていました。天龍寺に隣接する嵐山公園に中国の初代首相、周恩来氏の読まれた 雨中嵐山の碑が建立されて今年は40周年の記念すべき年に当たリます。5月20日の記念式典に先駆けて献花に訪れたものでした。 詩碑に参拝する観光客はほとんど中国人でした。それにしても観光客の多いことに驚きました。何時ものコーナーの中で目立っていたのがハンナリーズチアダンサーディレクターさとみさんでした。試合が楽しいことは当然ですが、ブレイクタイムに登場するチアダンスが見ものです。振り付けをしておられるのがさとみさんです。武部がいつになく盛り上がっていました。来週もよろしくお願いします。

武部宏の日曜トーク

3月31日年度末の朝、ひんやりと、花冷えの朝です。明日の朝11時30分に新元号が発表されます。いろいろ予想する向きもあるようです。今朝のゲストは地球の研究をして来られた原田憲一さんにお話いただきました。地球は46億年前に誕生し美しく、豊かに、賢く、変化を遂げて来た。20万年前に登場した人類の役目は何なのか、人類の特徴は芸術を創造できることにある。芸術が地球を救う。地球の将来から宇宙人はいるか、興味尽きないお話でした。平安女学院のコーナーは法人本部事務局長の栗田康文さんが4月4日から始まる有栖館の特別公開を紹介されました。五行歌の応募作品の紹介もあり、ハンナリーズは前日勝ったので明るく盛り上がっていました。来週は4月です。よろしくお願します。

武部宏の日曜トーク

遅くなりました。3月24日の日曜トークのご報告です。この日は2人のピアニストに来ていただきました。最初の高木知寿子さんは4月4日に北山モノリスで開くディナーショーはきれいな会場です。桜も満開でしよう。ドゥビッシーの 月の光が良く似合います。私が司会をさせていただきます。フルコースディナーがついて6500円というお値段にビックリ。
もうお一人のピアニスト吉田順子さんは5月25日に京都コンサートホールで開催される ブランデンブルク国立管弦楽団京都初演でチャイコフスキーのピアノ協奏曲を弾かれます。楽しみにしています。
平安女学院のコーナーは国際観光学部准教授永田美江子さんが出された 女子力を活かすホスピタリティ教育と題した新刊本を紹介されました。立派な学術書です。書店に並んだところだそうです。来週は5週ですので五行歌をお寄せ下さい。

武部宏の日曜トーク

第3週は 今時のことば、ちょっと気になったことばから始まります。今回は気になることばを取り上げてみました。ことばはおかしいと思ってもみんなが使うようになると定着して行きます。全然大丈夫です。8時に来れますか も定着しました。歌舞伎も おおかぶきがだいかぶきになりかねません。
平安女学院のコーナー第3週は理事長、大学学長の山岡景一郎さんです。有栖館の桜から始まり国際儀礼士検定、鉱物鑑定士検定の話、ホスピタリテイーマナー検定の話をする時間がなくなってしまいました。
もりさんのお漬物は製造部係長の森悟さんが春キャベツの糠漬けでした。
ハンナリーズの安田良平さんの後、後半のゲストに出ていただいている西陣のwさんがよんどころない事情により出られなくなり、いずれ説明させていただきます。悪い話ではありません。
それよりも、橋本沙抽里が今日で終わりとなりました。本人の希望です。良きパートナーでした。ありがとう。

武部宏の日曜トーク

遅くなりましたが3月10日の日曜トークのご報告です。11日は東日本大震災から8年、いまも52000人を超える避難者がおられます。無事に毎日を過ごしていることに感謝しています。
朝一ゲストには祇園花見小路にある美登幸の平野あきらさんに最近の祇園を語っていただきました。ひと言で言えばインバウンド中国人観光客で溢れているそうです。
平安女学院のコーナーは学院統括室の山本修ニさんがこの14日に平安女学院の有栖館で行われる囲碁の女流名人戦の見どころや誰でも参加できる解説会の案内などをしていただきました。
安藤秀夫さんと上中康司さんは出張中につき録音でお話いただきましたので写真にはおられません。来週もよろしくお願いします。