武部宏ブログ

武部宏の日曜トーク

3月29日第5週、今日は放送1200回記念日です。1000回が2016年5月29日でしたから4年経っています。休むことなく続けることができました。皆さんのご支援のおかげです。1300回を目指してまいります。新型コロナウィルス関係のニュース一色です。トスカニーニコンサートも中止となりました。残念なことです。第5週は五行歌を紹介しています。五行歌人の西垣一川さんにお話いただきました。番組スタッフも五行歌を作りました。一川さんのお話では五行歌は人様の作品について良いとか良くないとかはあまり言わないそうです。作りやすいです。平安女学院のコーナーは高校で物理を教えておられる岩間徹先生が御所の鳥のお話、詳しいことに驚きながら、平安女学院に素晴らしい先生のおられることがよくわかりました。ハンナリーズは高橋アシスタントコーチのお話とこの後の試合が中止やなったと言う残念な報告でした。ナベクッキングの渡辺倫子さんには食材のこと、竹の子の話で盛り上がりました。来週も宜しくお願いします。

武部宏の日曜トーク

3月22日の日曜トークのご報告です。新型コロナウィルスの広がりでイベントや行事の中止や延期で私も行くところがなくて昨日も家にいました。今朝はニュースでも東京オリンピックの開催を案じる記事が目立っています。朝一ゲストには丹波平井牧場をおたづねしオーナーの平井和恵さんにお話いただきました。平井牛は南大門のお肉です。平井牧場には多い時には2000頭ぐらいの牛がいるそうです。水や餌、清潔な環境にこだわり、美味しいお肉を作るために努力しておられることがよくわかりました。平安女学院のコーナーはこの春の高校卒業生とお母さんにお話いただきました。ハンナリーズは試合が中止になっていますのでアシスタントコーチの高橋哲也さんのインタビュー。後半のゲストには南大門の三姉妹さん。平井牧場へも行かれましたので、感想と、この時期だかこそ、お店に来られた方には充分サービスしています、とのことでした。今朝は各コーナーが事前録音でしたのでスタジオ写真はご覧のとおりです。平井牧場の写真も見てください。

武部宏の日曜トーク

3月15日の日曜トークのご報告です。夜明けが早くなって来ました。電車から見る東の山の稜線の綺麗なこと、ライトアップでは出せない光景だと感動しながら来ました。このところのニュースは新型コロナウィルス一色ですが今朝の京都新聞のトップは関西電力役員の金品受領が大きく出ています。電気ばかりは他所で買いますとも言えないし。今時のことばも クラスターやパンデミックなどコロナウィルスがらみから、私が気になったことばを挙げて思いを語らせていただきました。平安女学院の山岡学長もパンデミックを歴史的にお話いただきました。もりさんのお漬物はキャベツの糠漬け、美味しかったです。写真を見てください。ハンナリーズは、3月29日(日)まで無観客試合が続きます。ビデオコーディネーターとして就任された井堀真緒さんにインタビュー。試合後、早朝まで分析、打ち合わせをされているとのこと、任務の内容がよくわかり、今後の試合が楽しみです。後半のゲストには整理収納アドバイザーの尾野早映子さんに 今日あたりは整理整頓をしませんかと、ポイントを教えていただきました。

武部宏の日曜トーク

3月8日の日曜トークのご報告です。例年ですと春が、梅が、桜が、と言えるのですが今朝の新聞も新型コロナウイルス関連の記事が一杯です。私ところは司会者派遣がメイン業務ですが、中止か延期です。トスカニーニコンサートもチケットは止まったままです。状況の好転することを待つしかありません。
朝一ゲストにはことば塾参加者の一人、竹内義博さんにお話いただきました。竹内さんはパソコン教室で講演も忙しく、最近では警視庁に招かれて講演してこられました。ことば塾の感想も語っていただきました。平安女学院のコーナーは広報センターの吉田健一さんに広報センターの案内をしていただきました。安藤不動産の安藤秀夫さんと富士子さんのお二人、今の世情の中で地元の不動産会社のとるべき基本的な考え方についてお話いただきました。感動でした。ハンナリーズはアシスタントコーチの久山智志さんにインタビュー。上中康司さんは株価が激動する中でどう対応しておられるのか、流石と頷きました。来週も宜しくお願いします。

武部宏の日曜トーク

3月1日の日曜トークのご報告です。今日1日は番組パートナー小森弥生の誕生日です。弥生3月わかりやすい名前です。例年ですとこんな他愛もない話から入るところですが、新型肺炎騒動で学校は休みになる、体育や文化行事の自粛で様々な問題が生じています。今は待つしかありません。山岡景一郎さんのこぼれ話に続いて平安女学院のコーナーではチャプレン古本みささんにチャプレンの役目と担当されている倫理教育の内容についてお話いただきました。金島由香のチャレンジコーナーはもり漬物さんでの糠漬け教室。ハンナリーズは昨日の試合が中止になったので本部の営業担当田中裕一さんに今後の展望も含めてお話いただきました。新生十全会のコーナーは各施設で大切に取り組んでおられるレクレーションを語っていただきました。今週のスタジオ写真はハンナリーズの田中裕一さんのみとなりました。

武部宏の日曜トーク

2月23日の日曜トークのご報告です。朝一ゲストには下京区の開智自治連合会の会長藪下清二さんにお話いただきました。今年は下京区が誕生して140周年の年に当たります。明治以降、京都の人達は番組小学校を作り、学区として歩んできました。この10年で学区はどう変わったか、下京区を例にお話いただきました。岩井サイクルのコーナーに営業企画部長の杉本直也さんから最新の自転車情報を紹介していただきました。平安女学院のコーナーは中学校の英語カルタ大会で優勝した3年生のチーム喜びのインタビュー。ハンナリーズもアンダー15の少年2人にインタビュー。後半のゲストには南大門の三姉妹、佳世、麻世、亜世さん3人から美味しい情報満載でした。スタジオ写真、私はキャップにセーターです

武部宏の日曜トーク

2月第3週の日曜トークのご報告です。新聞には新型肺炎検査から治療に転換と出ています。これまでの水際対策重視から、仮に流行が避けられないとしたら、重症者を減らすための対策を加速させる方針を決めた、とあります。今時のことばでは、あっちのヤツ、こっちのヤツのように、知らずに使っている、きれいでないことばを挙げてみました。平安女学院の山岡景一郎さんはおしゃれなセーターでユーモア溢れるお話をしていただきました。もりさんのお漬物は聖護院大根の糠漬け、写真を見てください。波佐見焼陶器市が19 、20日 ゼスト御池で開催されます。ご紹介させていただきました。

武部宏の日曜トーク

2月9日の日曜トークのご報告です。このところ寒い日が続いています。宇治の自宅を自転車で出た時は空に冬の満月が煌々と輝いていたのに京都に来ると雪が降っています。KBS京都の駐車場の車は屋根に雪が積もっています。放送が始まってからもスタジオの向こうで吹雪が何度も見られました。朝一ゲストには近江屋ロープの野々内達雄さん、平安女学院のコーナーは入学センター長の荒川雄次さん。安藤不動産の安藤秀夫さんと富士子さん、建設経済新聞の上中康司さん、と言ったお話のお上手な方ばかりでラジオならではの1時間になっていたと思います。

武部宏の日曜トーク

二月に入りました。こぼれ話は平安女学院理事長の山岡景一郎さんにお話いただいています。山岡さんは昨年の11月に大腿骨の骨折をされましたが元気に復帰されました。元気溢れるお話でした。続く平安女学院のコーナーには高校1年生で文科省の 飛び立てジャパンに応募して、イギリスへ紅茶の勉強に行ってきた生徒さんのレポート、しっかりした報告を聴きながら感動しました。金島由香さんのチャレンジは、お漬物もりさんでの料理教室に参加して 烏賊飯を作って来られました。美味しかったです。新生十全会から皆様への二回目です。今回はなごみの里病院、京都双岡病院、京都東山老年サナトリウムの看護部長さんにお話いただきました。各コーナー共現地録音でしたのでスタジオ写真はスタッフのみとなりました。なごみの里病院の遠景写真も見てください。

武部宏の日曜トーク

1月26日の日曜トークのご報告遅くなり失礼しました。節分も間近です。朝一ゲストには壬生狂言のお寺として知られる 壬生寺副住職の松浦俊昭さんに節分のお話をしていただきました。壬生寺は律宗の大本山ですが、総本山がありまして奈良の唐招提寺です。平安女学院のコーナーは高校3年生でアグネス努力賞を受賞したそれはしっかりした生徒さんでした。南大門の三姉妹から節分の太巻きの紹介、一万円の太巻きに驚きました。