武部宏ブログ

武部宏の日曜トーク

8月16日の日曜トークのご報告です。猛暑の日々です。今日も京都の最高気温は39度の予報です。熱中症にくれぐれもご注意ください。コロナ禍に熱中症など案じることの多いご時世だけに、ことばだけは明るく元気よく、聞いて嬉しくなるようなことばを使いたいものです。電話がかかってきた時には顔を見たくなるような声で出るようにしましょう、私からの提案です。お漬物のもりさんからは夏に元気の出る 新生姜の糠漬けのお話しでした。ハンナリーズはアスリートフードマイスター1級、野菜ソムリエ上級プロという西村秋保さんの楽しいお話し、後半のゲストには水琴の研究、開発で高名な大橋智夫さんから心の癒しには水琴が最適というお話しでした。コロナと暑さにくれぐれもお気をつけくだい。

武部宏の日曜トーク

8月9日の日曜トークのご報告です。暦は秋になりました。残暑お見舞い申し上げますとなりますが暑さはこれからが本番です。今日も35度を超えそうとの予報ですが驚きもしません。6日の広島に続いて今日は長崎の原爆の日です。核兵器禁止条約に日本が加盟していない理由を誰にも分かるように政府は説明すべきだと思います。朝一ゲストには書道家の清水菁華さんにお話しいただきました。パリや東京へ教えにも行けない中でも元気を出して頑張っておられます。元気をいただきました。安藤不動産のコーナーは安藤秀夫さんと富士子さんからご近所にできたきれいなお店をご紹介いただきました。季の美というジンを創るお店です。香りも大切にしておられます。季の美マネージャーの佐久間雅志さんが楽しく話してくださいました。ハンナリーズのコーナーは安藤富士子さんとティーヘッドの吉田実里さん、金島由香の3人で今現在のハンナリーズを語り尽くしていただきました。建設経済新聞の上中康司さんは9月4日5日のみやこめっせで開催される 人生100年時代応援フェアの見どころをお話しいただきました。来週もよろしくお願いします。

武部宏の日曜トーク

8月2日の日曜トークのご報告です。長かった梅雨が明け8月に入りました。ニュースのトップはコロナ感染症の急増です。1日の感染者が1500人を超えいます。感染を防ぐために三密にならないように守れることは大切にしていますが、命か経済か、試されている時だと思います。ハンナリーズのコーナーはヘッドコーチに就任された小川伸也さんのインタビュー。懐かしの年代は昭和23年、日本が動き出した年、プロ野球のナイターも始まりました。後半のゲストには天龍寺の小川宗務総長にこの時期にふさわしいお話しをいただきました。今月もよろしくお願いします。

武部宏の日曜トーク

7月26日の日曜トークのご報告です。梅雨はまだ明けません。厚い雲に覆われています。ALS嘱託殺人、国内感染3万人超えたなど、明るいニュースが見当たりません。元気でさえいればいつか良いことが必ずあります。そう思っていきましょう。朝一ゲストには京都観光おもてなし大使の岡田栄さんにお話いただきました。岡田さんは高齢になってからパソコンやスマホを始められました。高齢者の見本のような生き方をしておられます。4連休です。パートナーの金島由香は故郷下関紀行の話、私は久しぶりに見た映画[なぜ君は総理大臣になれないのか]を語らせていただきました。ハンナリーズはアンダー15の指導者佐々木ヘッドコーチのインタビュー。第4週は第一物産の三姉妹で美味しいお肉のあれもこれもでした。来週は梅雨の明けることを願っています。

武部宏の日曜トーク

7月19日の日曜トークのご報告です。久しぶりに太陽の輝く朝です。スタジオの外は青空です。祇園祭り前祭山鉾巡行も神事のみです。文化博物館で開催されている 特別展祇園祭をご紹介しました。祇園祭りの素晴らしいとを間近で見ることができます。エッセイスト大森俊次が書かれた 京都スケッチ帖のご紹介もさせていただきました。大森さんのお話しも感動でした。京漬物もりさんの亀岡の畑で採れたウリの糠漬けは写真を見てください。ハンナリーズはアンダー15の指導に当たっておられる佐々木和子のインタビュー、感動のお話しでした。後半のゲストには衣紋道高倉流京都道場会頭、熊谷宝子さんです。絽の着物、笑顔の大切さ、いいお話しをいただきました。

武部宏の日曜トーク

 7月12日の日曜トークのご報告です。コロナ禍に加えて梅雨前線の集中豪雨が1週間続きました。特に熊本県に大きな被害が出ています。京都も油断は禁物す。岩井サイクルのコーナーでは広報担当の杉本直也さんから、この時期おすすめ自転車を紹介していただきました。安藤不動産のコーナーでは先頃発表された路線価格を巡って不動産鑑定士の7百合口賢次さんに入っていただき今年の特徴などを解説していただきました。ハンナリーズは株式会社ティーヘッドの吉田実里さんに安藤不動産の安藤富士子も加わり華やかな楽しいコーナーとなりました。実里さんがお誕生日でハプニングでお祝いさせていただきました。第2週は建設経済新聞の上中康司さんです。今の事態に対応する事を紹介しながら9月4日、5日にみやこめっせで 人生100年時代応援フェアを開催されます。楽しみです。このフェアは番組としても全力で応援したいと考えています。

武部宏の日曜トーク

7月5日の日曜トークのご報告です。カレンダーが変わって7月ですが2月以降厳しい事態が続いています。このところの集中豪雨で熊本県に大きな被害が出ています。コロナ禍もそうですが、いつどこで何がやって来るか分かりません。健康でさえいられたら有難いと思って今月も元気でいきましょう。夏を元気で過ごすためにオーク料理サロンの大久保東久子さんになす、鱧の美味しいいただき方を話していただきました。ハンナリーズはハンナリンのダンスの創り方が本番の音楽をかけながらのお話でした。懐かしの年代は昭和39年東京オリンピックの年でした。近江屋ロープ株式会社の野々内達雄さんのお話は、コロナ禍から何を感じとり、何を学ぶべきか、頷きながら聞かせていただきました。来週も宜しくお願いします。

武部宏の日曜トーク

6月28日の日曜トークのご報告です。梅雨らしい雨の日曜日です。朝一ゲストはソーシャルメディア研究会の竹内義博さんにお話しいただきました。今の子供達がパソコンとどう関わっているか、調査も引用して興味深いお話しをしていただきました。第4週は第一物産の三姉妹坂本佳世さん藤原麻世さん星野亜世さんです。スタジオが華やかになります。朝から美味しいお肉のあれこれでした。ハンナリーズはスポーツコミュニケーションKyotoの田中さんにBリーグの成り立ちから今年の特徴など基本的な解説をしていただきました。ことば塾の受講生森井美貴さんの猫大好きも楽しいお話しでした。来週は7月です。宜しくお願いします。

武部宏の日曜トーク

6月21日の日曜トークのご報告です。爽やかに晴れの日曜日です。二十四節気の夏至にあたります。部分日食も見られます。父の日でもあります。私は9歳で父が亡くなりましたので覚えていませんが、今にして思えば父は給料を持って帰って来る、時にはお土産を、世間の情報を知らせてくれていたと思っています。今の父親は何を持って帰っていくか、自分の意見を持った存在感のある父親として帰って行ってください。何年も前になりますが、番組のコーナーとして 伏見区の山の上にある本栖寺のご住職杉若恵隆上人に毎週出ていただいておりました。御子息でメディアでも活躍しておられる杉若恵亮上人に感動のお話をいただきました。ハンナリーズはハンナリンのティシャツを作っておられる株ティーへッドの吉田貴志さん。森さんのお漬物は写真を見てください。

武部宏の日曜トーク

6月14日の日曜トークのご報告です。京都も梅雨に入りました。雨の日曜日です。二月以降今日まで会合も無しパーティーも無しで、晩ご飯は全て家です。時間があるのでデスクの整理をしてますと放送資料としていい文章が出てきました。ニューヨーク大学の壁に掲げられた 悩める人々への銘、これを紹介させていただきました。安藤不動産のコーナーでは会長の秀夫さんと副社長の富士子さんにお話しいただきました。この事態の中で、不動産の売買のアドバイスも含め元気の出るお話しでした。ハンナリーズは応援企業でもある大西京扇堂の大西将太さんに応援メッセージをいただきました。建設経済新聞代表の上中康司さんはこの事態の中でも新しいビジネスを次々と作り出しておられます。学ばせていただきました。