武部宏ブログ

武部宏の日曜トーク

こ5月24日の日曜トークのご報告です。非常事態宣言は解除されましたが、三密は避けるように、との呼びかけは続いています。家でゆっくりお料理をと思いナベクッキングの渡辺倫子さんに来ていただきビーフストロガノフの作り方を教えて頂きました。美味しいのがご自宅で出来ましたか?。ハンナリーズは選手を代表して内海慎吾選手からチャリティオークション取り組みのメッセージ。南大門の三姉妹は再開間近の最新情報を語っていただきました。写真は全員がマスクをつけていますのでだれか誰か分かりません。来週は五行歌です。あなたの作品をお寄せください。お待ちしています。

武部宏の日曜トーク

5月17日の日曜トークのご報告です。京都新聞のトップに、京都、日常へ一歩前進と出ています。公共・商業施設、休業要請が一部解除されました。繁華街の活気もすこしずつ戻っていきそうですが、3蜜は避けるようにと言われています。人と話すことが少なくなっています。この事態はまだまだ続きそうです。お漬物の森さんにはスタジオでお話いただきました。水茄子の糠漬けやお中元用のおすすめの商品を挙げていただきました。ハンナリーズはスリーポイントシューター松井選手のインタビューと取材エピソードの紹介。後半のゲストには左京区岩倉のとよだ医院から豊田健太郎さんに今私たちができることを中心にお話いただきました。森さんのお漬物は写真を見てください。

武部宏の日曜トーク

5月10日の日曜トークのご報告です。大型連休が終わりました。非常事態宣言が今月末まで延期されたので静かな土日です。出歩かないように、人との接触を避けるように言われていますので、朝一ゲストもなし、安藤不動産のコーナーも電話でお話いただきました。ハンナリーズは、ハンナリンSATOM Iさんのインタビューと記者席でのエピソード。生出演となった上中康司さんは、今マスクや消毒液まで扱っておられて忙しい日々との事。不景気の中での株高についてもわかりやすく説明していただきました。

武部宏の日曜トーク

5月3日の日曜トークのご報告です。朝6時5分にKBS京都に着きます。入口で手を洗い消毒し体温を測ってもらい4階のスタジオにまいりました。ゴールデンウィークの後半です。出歩かないように、静かにお過ごし下さい、と言われています。私も終日家で本を読んでいます。五行歌の月刊誌5月号に新型コロナウィルス関連の五行歌が沢山出ていましたので読ませていただきました。ハンナリーズは引退の決まった村上選手のインタビューを聞きながら村上選手が素晴らしい選手だったことをお話させていただきました。思い出の年代は1997年、日曜トークの始まった年です。この年のエピソードとともに番組スタートの感動を思い出しておりました。新生十全会は、サービス付き高齢者向け住宅をご紹介させて頂きました。来週も宜しくお願いします。

武部宏の日曜トーク

4月26日の日曜トークのご報告です。春の大型連休が始まりました。新型コロナウィルスのために静かな連休に、出歩かない連休にしてください、と呼びかけられています。例年ですと帰省ラッシュのハイウェイや新幹線の満員の光景が出るところですが、人のいない映像が目につきました。朝一ゲストには祇園花見小路、美登幸の平野陽さんに 祇園の今を語っていただきました。真っ暗だそうです。オンラインでお茶屋を楽しむ光景もあるとかで、お見事でした。平安女学院のコーナーは今の状況が収まるまで5月一杯お休みとなります。ハンナリーズは浜口ヘッドコーチのインタビューと次期に向けてのホット情報。南大門の三姉妹はスタジオを離れて下鴨本通のお蕎麦のお店 あおいから録音ですお届けしました。今月から第4週のパートナーに金島由香が入りました。宜しくお願いします。

武部宏の日曜トーク

4月19日の日曜トークのご報告です。私の事ですが、昨日、一昨日、金土の2日間家で過ごしました。テレワークです。こんなこと初めてです。新聞もテレビも新型コロナウィルス一色です。[今時のことばちょっと気になることば]もコロナウィルスで気になったことばを挙げてみました。平安女学院のコーナーは国際観光学部長の毛利憲一さんに電話でお話いただきました。大学も授業がストップで、これからどうして行くか、ここに来て オンライン授業が議題に上がっているようです。これもコロナから出てきた話です。大学の授業の在り方にも影響が出ています。季節の便りは森義治さんが美味しいひの菜の糠漬けを持ってきてくださいました。発酵食品は健康に良いと言う事でお漬物がよく売れているそうですハンナリーズはアンダー15の赤木アシスタントコーチのインタビューとお話で盛り上がり。後半のゲストには宇治市の職員で、ウィルス対策にも知恵を発揮しておられる柴田浩久さんにお話いただきました。来週も宜しくお願いします。

武部宏の日曜トーク

4月12日の日曜トークです。新聞は新型コロナウィルス一色です。昨日の土曜日、私も終日家にいました。何時もなら土曜日は忙しいのですが新型コロナウィルスでイベントや会合が全て無くなりました。朝一ゲストもゲストのイベントがなくなって、本日のゲストはいません。私とパートナーの山田たかこと二人の思いを語らせていただきました。平安女学院のコーナーは中学、高校に配属されている二人のカウンセラーにお話しをしていただきました。素晴らしいお二人でした。安藤不動産のコーナーでは自衛隊京都地方協力本部 本部長1等陸佐の亀井律子さんに今の感染と自衛隊の支援活動についてお話いただきました。ハンナリーズは内海慎吾キャプテンのインタビューとエピソードで内海選手の素晴らしい選手であることがよくわかりました。建設経済新聞社の上中康司さんも今の混乱の中で何をすれば良いか、学ばせていただきました。

武部宏の日曜トーク

 4月5日の日曜トークのご報告です。例年ですと桜が満開ですと言うところですが新型コロナウィルスがらみのニュース一色です。日本中が怯え、振り回されています。まだまだ続きそうです。第1週ですので山岡景一郎さんの こぼれ話から始まります。良き人となるために、かきくけこ人間になろうと言うお話をいただきました。岩井サイクルのコーナーではキーワードで寄せられた 私のラッキーナンバーで盛り上がりました。因みに私のラッキーナンバーは1643です。平安女学院のコーナーは法人本部事務局長の栗田康文さんに、新型コロナウィルスの学院での対応のあれこれを語っていただきました。ハンナリーズは岡田選手のインタビューとお話、岡田選手がスポーツ選手であると同時に才人であることがよくわかりました。第1週に新しいコーナーが始まりました。マキコの 思い出の年代です。昭和46年を語って良いコーナーでした。新生十全会は拠点病院に配属されている相談員のお仕事をお話いただきました。スタジオ写真は私の右が小森弥生、左が金島由香とお一人は栗田康文さんです。

武部宏の日曜トーク

3月29日第5週、今日は放送1200回記念日です。1000回が2016年5月29日でしたから4年経っています。休むことなく続けることができました。皆さんのご支援のおかげです。1300回を目指してまいります。新型コロナウィルス関係のニュース一色です。トスカニーニコンサートも中止となりました。残念なことです。第5週は五行歌を紹介しています。五行歌人の西垣一川さんにお話いただきました。番組スタッフも五行歌を作りました。一川さんのお話では五行歌は人様の作品について良いとか良くないとかはあまり言わないそうです。作りやすいです。平安女学院のコーナーは高校で物理を教えておられる岩間徹先生が御所の鳥のお話、詳しいことに驚きながら、平安女学院に素晴らしい先生のおられることがよくわかりました。ハンナリーズは高橋アシスタントコーチのお話とこの後の試合が中止やなったと言う残念な報告でした。ナベクッキングの渡辺倫子さんには食材のこと、竹の子の話で盛り上がりました。来週も宜しくお願いします。

武部宏の日曜トーク

3月22日の日曜トークのご報告です。新型コロナウィルスの広がりでイベントや行事の中止や延期で私も行くところがなくて昨日も家にいました。今朝はニュースでも東京オリンピックの開催を案じる記事が目立っています。朝一ゲストには丹波平井牧場をおたづねしオーナーの平井和恵さんにお話いただきました。平井牛は南大門のお肉です。平井牧場には多い時には2000頭ぐらいの牛がいるそうです。水や餌、清潔な環境にこだわり、美味しいお肉を作るために努力しておられることがよくわかりました。平安女学院のコーナーはこの春の高校卒業生とお母さんにお話いただきました。ハンナリーズは試合が中止になっていますのでアシスタントコーチの高橋哲也さんのインタビュー。後半のゲストには南大門の三姉妹さん。平井牧場へも行かれましたので、感想と、この時期だかこそ、お店に来られた方には充分サービスしています、とのことでした。今朝は各コーナーが事前録音でしたのでスタジオ写真はご覧のとおりです。平井牧場の写真も見てください。